金太郎 八王子中村北口店/店長 小野寺さん にインタビュー!

大変美味しい自分で選べるまかない付と書かれたお店の店長さんはお店へ恩返しをするとっても素敵な方でした

ぽけじょぶ運営部です。
【求人張り紙の中の人に会ってきた】お陰さまで沢山の皆さまからご愛読頂いております(涙)
これからも『ステキなお店』の『ステキな情報』をお届け出来ますよう尽力致します。

今回も八王子のステキなお店にお邪魔させて頂きました。
八王子のお店は今回で3店舗目!
ご掲載をご希望の八王子の店主様、ご連絡お待ちしております☆

そして、知らなかった土地でも足しげく通わせて頂くていると、自然とどんどんと好きになっていくものですね。
新たな土地へ身を投じてみるのも一つのバイト探しの選択肢なのかもしれません。
さて、そんな今回のお店は・・・コチラ!

【炭火焼き鳥 金太郎 八王子中村北口店】さん。

金太郎 八王子中村北口店

古くから八王子エリアでお店の展開をされている焼鳥屋さんで、八王子エリア界隈には複数の店舗展開をされており、地元民から愛されるお店とのコト。
そんな金太郎さんの店長、小野寺さんにお話をお伺いしてきました。
 
金太郎 八王子中村北口店

運営部
はじめまして。今日は宜しくお願いします。
小野寺さん
宜しくお願いします。
運営部
THE居酒屋のたたずまい。広々とした店内にカウンターとテーブル席があり、幅広い層のお客様が利用しやすそうな金額設定。来店のし易さはこの上ないですね(笑)
小野寺さん
そうですね。初めての方でもご入店頂き易いという点には自信があります(笑)
僕もそんなオープンな雰囲気が好きなので、店長としてこのお店を切り盛り出来ている事が嬉しいです。

金太郎 八王子中村北口店

運営部
きっと満席になられた時はさぞ賑やかなんでしょうね!
小野寺さん
そうですねー!早いお客様は15時の開店に合わせてきて下さいます。
そこからはグルグルお客様が入れ替わり立ち替わりにいらっしゃいます。
運営部
15時ですか・・・相当お客様の入りが早いですね(笑)
そして着席型の焼鳥屋さんは1組のお客様の滞在時間が長いイメージだったので、お客様の入れ替わりの速度が速いというお話は凄く意外でした。
小野寺さん
もちろんお客様にゆっくりして頂けるように営業はしていますが、意外とゆっくりされるお客様よりもお食事だけを召し上がられるお客様、チョットだけ立ち寄って下さるお客様も多いんです。
運営部
『食事だけ』というイメージは更になかったので想定外続きですね(笑)
小野寺さん
僕もアルバイト時代にはビックリしましたよ。
でも今では、短時間でもまたお越し頂けるよう極力カウンターにお通しして、お客様と沢山お話をする事に注力しています。
コミュニケーションをしっかりととらせて頂く事で、短時間でも楽しめる店!と思って頂きたいと思いましたので。
運営部
短時間でも楽しめるお店って、確かに顔見知りのお店というイメージ有りますね。ちょっと愚痴を聞いてほしい。何か楽しい話をしたい。色々なご理由はあるかもしれませんが『気軽に立ち寄れる店』、これが金太郎さんが愛される秘訣の一つなのだと分かりました。
因みに今のお話の中でアルバイトと仰られましたが、アルバイトから店長さんになられたんですか?
小野寺さん
そうです(笑)アルバイト時代から換算するともう、18年になりますね(笑)
小さいころからプロ野球選手になりたくて、学生時代は練習と学業とバイトの両立が難しかったんですよね。その状況でも、ここは凄く融通を効かせてくれて、本当に助かりました。プロテストや実業団など色々有りましたが、ずっと応援し続けてくれました。
そして、最終的に野球の夢をあきらめた時に『何をしよう』と思ったんです。その時、最初にお店に恩返ししたいなって思い、気付いたら店長でした(笑)
今は僕がしてもらった事を返す番だと思って、学生さんや主婦の方でも、働き易い職場環境を提供しているつもりです。
運営部
お店への恩返しで店長さんになったというストーリーにウルウルしました(笑)
野球も然りですが、小野寺さんは、一つの事を極めていく達人ですね。
小野寺さん
ハハハ。そう言って頂けるとかっこよく聞こえますね(笑)
ただ沢山の事が出来ないだけなんですけど、嬉しいです。
自分がしてもらった事は今のスタッフへ返したいですし、自分が好きになったようにお店のスタッフにもお店を好きでいてほしいので。その気持ちが伝わってなのか、スタッフ間の仲も凄く良いんですよね。
お店のチームワークと野球のチームワークって僕の中では一緒なんです(笑)
学生さん~70代のスタッフまでひっくるめて、このお店のスタッフでありチームメンバーである事は変わりないですから。だから野球で得たものがそのまま今仕事に活きている感じですね(笑)
運営部
監督ではなくプレイヤーとしてのお考えが強い分、お店の方のチームワークを強いものに出来るんでしょうね。

【指示を出す人】ではなく【一緒に闘う人】というのでしょうか。チームメイトとしての同じ目線を持ったお店作りが、スタッフさんにとっての金太郎さんで働く一番の魅力なのかもしれないですね。

金太郎 八王子中村北口店

スタッフのみなさま
運営部
最後に求人張り紙の中でのこだわりがあれば教えて頂けますか?
小野寺さん
やっぱり、まかないですね!(笑)

金太郎 八王子中村北口店

小野寺さん
お店のメニューから好きなものを選んでもらえるのは、一つの特徴だと思いますし色々食べられた方が楽しいじゃないですか。『今日は○○を食べたいな』とワクワクしながら来てもらいたいですね(笑)
あと、このまかない制度を入れる事でお店のメニューを覚えてもらって、好きになものを本心でお客様にオススメしてもらいたいと思ってます。
運営部
お店のメニューの味や材料等が分かっている事って、本来は当たり前なのでしょうが、それって結構難しい事ですよね。スタッフさんが多ければ多い程、沢山用意しなきゃいけませんし。とってもステキな制度だと思います。
お客様、スタッフの皆さん双方にとって【オイシイお店】であり続けたいですね。
本日は貴重なお話を聞かせて頂きありがとうございました。
最後にみっけと写真をお願いできますか?
小野寺さん
良いですよー(笑)
運営部
(笑)ありがとうございます!それではお撮りしまーす。

金太郎 八王子中村北口店

お店のお料理や良いところをお伝えする事が、お店を知る事であり、
スタッフさんのして欲しい事や要望を知る事がお店の品質向上や強いチームワークを産み出すものである事を再認識させて頂いたインタビューでした。


ご協力頂きました小野寺さん本当にありがとうございました。

≪ 求人張り紙Art Museumも実施しました ≫

変貌を遂げた求人張り紙はどの様になったのでしょうか…?
美大生に求人張り紙書いてもらってみた。Vol.4をチェック!
※【求人張り紙Art Museum】とは、美術大学へ通われている現役の学生さんが、求人張り紙のデザインの構想から制作までを担当するぽけじょぶのオリジナル企画です☆