お好み焼き むら 渋谷本店/店長 藤田さん にインタビュー!

働く人を応援する求人張り紙のお店の店長は、お店の幸せな空間を考えている店長さんでした

ぽけじょぶ運営部です。
今回は若者の街【渋谷】のとあるお店へ伺いました。
昔から渋谷に行かれる方であれば『このお店知ってる!』となるお店かもしれない・・・

そんな今回のお店は・・・コチラ!

お好み焼き むら 渋谷本店

【お好み焼き むら 渋谷本店】さん。
ご存じの方も多いのではないでしょうか?

古くから渋谷にある事は私もよく知っています。
私の出没地が露呈してしまいますのでこのあたりで(笑)
早速、店長の藤田さんにご協力頂きお話を伺いました。
 

運営部
はじめまして。今日は宜しくお願いします。
藤田さん
宜しくお願いします。

お好み焼き むら 渋谷本店

運営部
(年齢がばれると思いつつも)コチラはかなり昔から、渋谷センター街のゴール付近を守られていらっしゃると思うのですがどのくらい前からお有りなのでしょうか?
藤田さん
良くご存じですね(笑)そうなんです。コチラの場所に移動してきてからも結構経ちますが、創業からでしたら37年目を迎えるお店なんですよ。 格式とかそういう感じとかは一切ないんですけどね。
運営部
実は私も学生時代に何度かこちらでごちそうになった事がありまして(笑)
藤田さん
ありがとうございます。でもそうですね。お客様も学生さんもいらっしゃれば、家族連れのお客様もとても多いのでそういうお客様も決して少なくありません。
運営部
街並みが変わっていく中でもいつもココで待っていてくれる。そんな印象でした。長続き秘訣などもこの後ゆっくり聞かせて下さい。改めて宜しくお願い致します。

お好み焼き むら 渋谷本店

運営部
店頭に貼られている求人張り紙ですが、何かこだわりが有るのでしょうか?
藤田さん
あの求人張り紙は社長が考えて作ったものなので、私自身のこだわりは特にないですね(笑)しかし、お店のこだわりは凄く詰まっていると思いますよ。
運営部
具体的にはどのあたりなのでしょうか?
藤田さん
お店の運営に凄く気をつけている事とも直結するんですが、【ここからはじまる、人との出会い。】とかですかね。お店にもよりますが、お好み焼き屋さんって、完成された料理が提供されるお店とちょっと違って、そのお店の独特の楽しさみたいなものあると思いませんか??
運営部
思います!自分たちでワイワイ焼いたり一つの物を食べ分けたり楽しいですよね。
藤田さん
そうです。そうです。その感じなんですが、求人張り紙の【ここからはじまる、人との出会い。】ってお店と働く人が出会う。っていう風に見えるかもしれませんが、それ以上に訪れて下さるお客様との出会いが多くあるんです。まぁもちろん働いて頂くので我々との出会いもあるんですが、お客様の間に立って家族間に入って物を作るって、その時はお客様に楽しんで頂かなくてはいけないと思いますし、お客様を楽しませられる事が一番大事だと思っています。それが出来るお好み焼き屋だからこそ、その一つ一つの出会いを大切にしてほしいって思いますね。

お好み焼き むら 渋谷本店

運営部
接客の垣根を越えて、そのグループの一員みたいになるのって難しそうですよね。それが出来るようになるのって大変じゃないんですか?
藤田さん
大変だと思いますけど、大変じゃないと思います。何故なら、それが好きなスタッフにみんななってくれますからね(笑)
運営部
エンターテイナーですね(笑)でも、仕事に慣れていなくても、そういう風になりたいって気持ちが有れば気が付いた時には、そうなっているのかもしれないですね(笑)
藤田さん
そうですね。多分自分では気が付かない間に、みんなレベルアップしてますよ。それを見るのが私の楽しみだったりもします(笑)お店で辛いところと楽しいところを上げるのであれば、辛いのは国籍や使う言語・性格等が異なる色々なお客様に対して、楽しんで頂く空間を提供する事。これは正直大変だと思います。楽しい事は本当にスタッフ間の仲が良くって同じ目線で接客しているので、凄く肌に合った空間で仕事が出来て楽しいです。付け加え、交流会も結構やっているので、仲間と言うよりも家族みたいになってますね(笑)
運営部
家族と離れた場所に住んでいる学生さんとかには嬉しい環境ですね。
藤田さん
そのせいか分かりませんが、留学生とか学生も沢山いますね。その留学生がそのまま社員として働くことになってくれたケースも今まで数件ありますし。働きやすさには定評があるかもしれません(笑)楽しくなければ仕事じゃない!って僕自身が思ってますからね。なので、楽しくないと思っているスタッフを無理に引きとめたりもしません(笑)
運営部
【がんばる人を毎月応援する支援制度】っていうのも関係してるんでしょうか?
藤田さん
どうでしょうね。本当に微々たるものですけど、毎月自分磨きの為に使ったお金を3000円までだったらお店が応援してあげるよ。ってシステムなんですけど。。。ちょっとモチベーション維持には、し辛いですよね。
でも、お店側からがんばってくれてありがとう。っていう気持ちを伝えるには一番分かりやすい方法なのかなと思っています。
運営部
アルバイトで働いているだけで、その恩恵を受けられる。そんなお店、なかなかありませんよ!(笑)素晴らしいシステムだと思います!
藤田さん
そうなんですね(笑)じゃあ、今後も喜んでもらえるなら許す限り続けていきたいと思います(笑)

お好み焼き むら 渋谷本店

運営部
成長できるステキな環境で居続けられるコツや、そこへのこだわりはあるのでしょうか?
藤田さん
これは社長も私もスタッフも常に思っていることですが、常に誠実であるという事ですね。繰り返し来て頂ける方もお客様も沢山いらっしゃいますが、そのお客様に対して何となく接するではなく、関係は深くなっても、いくら仲よくして頂いても、常に誠実に接し続ける。これが一番お店が大切にしている事だと思っています。
なので、未経験であっても、ちょっと悪い子であっても、それが出来る。それをしたいって気持ちが何よりも一番大切だと思います。それをし続けられれば一つのテーブルが楽しくなって、隣の別のテーブルでも他のスタッフがそれを作りだして、それが連鎖する事で【お好み焼き屋さん】ならではの、お店全体が楽しい雰囲気になる空間を作れるんだと思っています。
運営においては『それ以外に特にこだわりを持たない』に尽きると思います。渋谷という街柄、凄いスピードで環境は変わっていくので、順応できるお店でありたいと思っています。
運営部
こだわりを持つ事が必ずしも良い事とは限らないですもんね!とっても勉強になりました!本日は本当に貴重なお時間を頂きありがとうございました!最後にこのお店を見つけてきてくれたみっけと写真を撮って頂けますか?
藤田さん
・・・良いですよ(照)
運営部
みっけ、ちゃんとこっち見て!(それでは・・・素敵な求人張り紙みーっけ!パシャリ)

お好み焼き むら 渋谷本店

運営部
藤田さん、今日は本当にありがとうございました♪お好み焼き屋さんってそういうものだ。って勝手に思い込んでいましたが、お店側の方の粋な計らいのもと成立している空間なのだと改めて実感したインタビューでした。

≪番外編≫

スタッフ思いな店長の藤田さんの自慢のまかないを後日送って頂きました。

お好み焼き むら 渋谷本店

≪ 牛スジの煮込みとキムチの丼ぶり ≫
スタミナたっぷりの男らしさ全開のまかないですね。

お好み焼き むら 渋谷本店

≪ 店長お手製ワンタンスープと特製サラダ ≫
プリプリのワンタンを美味しく頂ける、ヘルシー且つ栄養満点メニュー。

お好み焼き むら 渋谷本店

≪ お好みDX ≫
メニューにない店長オリジナルのお好み焼き!食べたい。。。

美味しそうなまかないを見ながらお腹が鳴った運営部でした(笑)